DORA麻雀 登録

DORA麻雀の登録方法を紹介します。
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
PR
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 映画「冒険者たち(1967)」に関して & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 94 $の負け | main | DORA麻雀の役「チャンタ」 & 映画「ザ・マジックアワー」の感想 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | ↑PAGE TOP
    映画「溺れる魚」に関して & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 91 $の負け
    0
      季節ももう夏が終わり秋になったね((o("へ")o)) クーッ
      床に入る時は少し肌寒くブランケットが無かったら少し寒い気がします
      インフルエンザにかからないよう注意しないと!スリスリーーッ!!((((((((((ノ_ _)ノ

      +++++++++++++++++++++++++++++++++++

      ここ最近映画一筋な感じなので映画の感想を紹介していきたいと燃えております!!!!♪♪v(⌒o⌒)v♪♪イエーイ

      え!?あんたの感想じゃないの?
      なんて突っ込みはスルーエヘヘ (*'-'*)ノ彡☆ バンバン!!


      今回は「溺れる魚」の感想について紹介しようかと思っています!!!(*゚▽゚)ノ


      この映画の製作年は2001年です!!!!

      監督は堤幸彦で、脚本が横谷昌宏です!!!!(*゚▽゚*)

      この映画の主役は白州勝彦演じる椎名桔平です。(-_-;ウーン

      この映画の出ている人を列挙すると椎名桔平 (白州勝彦)、窪塚洋介 (秋吉宗貴)、仲間由紀恵 (相川真紀)、渡辺謙 (御代田警視正)、伊武雅刀 (石巻修次)、白竜 (沢木)、野際陽子 (教祖)、宍戸錠 (エースのジョー)、IZAM (岡部哲晃)、成宮寛貴 (渋沢泰人)ってな感じ。イエーイv(▽ ̄ V)(V ̄▽)vイエーイ

      多分、「堤ワールド」とかいう監督のセンスが
      合うか合わないかが全てだと思う。


      私はちょっとなじめなかった。
      笑いのシーンを「ここ笑うとこですよー」って感じで
      映されると非常に萎えてしまう。
      あざとさを飲み込んだネタと解釈で
      きるほどベタではないし。

      一番痛いのは、監督自身が「俺って面白いで
      しょ?」って本気で思ってそうなところ。
      勘弁して下さい。



      +++++++++++++++++++++++++++++++++++

      麻雀の役って一杯ありますよね〜クルクル(^-^)(-^ )(^ )( )( ^)( ^-) (゚∇^*)v⌒☆ブイッ!
      DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。
      という事で、今回は小三元に焦点を当てたいと思います(*'-'*)エヘヘ


      白、發、中という3種類の字牌は三元牌(さんげんはい)と呼ばれます。

      この三元牌(さんげんはい)はそれぞれ1つを刻子(コウツ)にするだけでも役牌となって1ハンの役がつきますが、
      これを3種類全部刻子(こうつ)にすれば大三元という役満になるミ卍クルッ ミ(ノ゚^゚)ノ 登場!☆⌒(=゚ω^)v♪

      が、残念ながらどれか1種類が2枚しか揃わず、
      頭として使用して上がることができれば小三元(ショウサンゲン)となるんです。


      小三元自体は難易度の割には2ハンしかないのですが、
      小三元が揃っているということは2種類の役牌が揃っていることになるから
      2翻を足してマンガン確定です(V)( ̄∇ ̄)(V)ウッシャッシャッ


      当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
      しっかり覚えておいて下さいね!!
      基本ですので・・・


      DORA麻雀ルール

      DORA麻雀の解説を見てみましょう



      ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

      小三元(出現割合:0.15%)
      こちらも混老頭と同じで、満貫が約束されている役。
      ただ小三元の特性はやはり警戒されること。白と中でポンをした場合、なかなか發は出てこない。しかしパオ(責任払い)が存在しないDORA麻雀ではトップを取りにラスが捨てるケースも考えられなくは無い。喰い下がりなら、せめて混一色を入れながら色を特定されるのは避けたいところだ。

      ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

      ・・・とこんな感じ・・・( ̄  ̄;) うーん


      本日はこの辺で!
      しかし今日は何故かお腹が痛い。。治ってほしいなあ。。
      お休み!おやすみなさい〜♪(⌒∇⌒)ノ""フリフリ



      おすすめ記事




      | - | 06:56 | comments(0) | - | - | ↑PAGE TOP
      スポンサーサイト
      0
        | - | 06:56 | - | - | - | ↑PAGE TOP
        コメント
        コメントする