DORA麻雀 登録

DORA麻雀の登録方法を紹介します。
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
PR
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 映画「乱れる」のレビュー & DORA麻雀の役「地和」 | main | DORA麻雀の役「槍槓」 & 映画「奇跡のリンゴ」に関して >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | ↑PAGE TOP
    映画「ダンス・ウィズ・ウルブズ」の感想 & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 94 $の勝ち
    0
      これから「スポーツの秋」ですし、
      スポーツをスタートしますか"\( ̄^ ̄)゙ハイ!!

      どんなものがいいか?アセアセ...A=´、`=)ゞ
      運動と言えば太極拳ですかね
      私にとってはヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)ノ

      だけど、独りでやるとやると継続できる自信がないヤッテラレンワ…ヽ(○´3`)ノ フッ
      誰か一緒にやる仲間緩墓("▽")化ッ (旭化成風)

      ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

      映画って本当に面白いですよね〜
      ・・・という訳で映画の感想を紹介したいと燃えております!!!ヾ(@^▽^@)ノわはは
      ってyahooに載ってる感想ですがコロコロ(‥)(: )(¨)( :)(‥)( v^-゚)⌒☆ブイ!(゚∇^*)v⌒☆ブイッ!


      今日は「ダンス・ウィズ・ウルブズ」の感想について紹介しようかと思っています!!!(●´▽`●)_旦"☆"旦_(○´ー`○)カンパイ


      この映画が作られた年は1990年です。

      監督はケヴィン・コスナーで、脚本がマイケル・ブレイク〔脚本〕です!ヾ(@^(∞)^@)ノわはは

      この映画のメインは何と言っても!!!ケヴィン・コスナー (ジョン・ダンパー/狼と踊る男)とメアリー・マクドネル (拳を握って立つ女)です!!!!

      この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
      ケヴィン・コスナー (ジョン・ダンパー/狼と踊る男)、メアリー・マクドネル (拳を握って立つ女)、グレアム・グリーン(男優) (蹴る鳥)、ロバート・パストレッリ (ティモンズ)、ウェス・ステューディ (ポニー族の戦士)、モーリー・チェイキン (ファンブロー少将)ってな感じ(* ̄ー ̄*)ふふん!!

      北軍の中尉だった男がたった一人で辺境の砦の警備の任に
      あたりながら、ネイティブアメリカン(NA)のスー族と交流を
      深めていく物語。
      交流の様子は繊細かつ丁寧に描かれていて大変よく分るのだが
      、肝心の中尉の人物像が不鮮明のまま。

      彼の成育歴や家族の事が一切描かれない。

      彼はどうして戦闘中に自殺行為の行動を
      したのか、どうして辺境を見たいと思ったのか?情報が
      ないのでこの人物を理解しようが無い。

      ◆スー族の風習が描かれていて興味深い。

      狩の場面など出色だ。

      しかし食生活やスウェット・ロッジ、
      ビジョン・クエストなどの描写はなく、
      「大いなる神秘」などのスピリチュアルな思想も描かれていない。
      何を食べているのか、肉の保存はどうしているのか、
      定住して農作物を作らないのはなぜか等、
      基本的な部分が省かれている。

      この映画の目的の一つがNAの紹介で
      あるのは間違いないのに、不思議なことで
      ある。

      中尉と彼らの交流は馬を盗まれることから始まるが
      、彼らにとって馬は貨幣のようなもので
      あり、馬盗みはスポーツのようなもので
      あることも紹介されない。
      彼らの価値観が紹介されないので、
      彼らの行動もなかなか理解できない。

      監督はチェロキー族の血を引いているので
      本作品を撮ったのだろうが、原作に
      頼り切って自ら調査していないのだろう。

      ◆ポーニー族は好戦的に描かれるが
      、実際は白人の軍に協力をして斥候などで
      活躍している。

      友好的な一面もあるのだ。

      スー族にとっては白人もポーニー族も異民族。
      つねに小競り合いがあり、辺境は暮らしに
      くいところだ。

      ◆「中尉の結婚相手が白人」に対するという批判が
      ある。


      しかしこれは、人種差別露骨な過去の西部劇に
      おいて白人がNAを娶る事がよくあり、
      それを打破するための回避策だ。

      ◆終盤になると展開がおかしくなってくる。

      騎兵隊が中尉をNAと勘違いして撃ったりする。
      声を張り上げて名乗ればわかる話で
      はないか。

      捕虜になった中尉は反逆者とされ、
      処刑宣告される。


      これもありえない話だ。


      何をもって反逆というのか?兵隊の一人が
      勤務日誌をかってに持ち出すのもあり得ない。


      ◆エンディングも温い。


      中尉は自分がいては白人に襲来の口実を
      与えるとして部落を去る。

      しかし本来中尉は白人とスー族の間に
      入って、争いをなくす努力をすべきで
      ある。

      最初からそうすべきだったのだ。


      彼以外の適任者はいない。


      白人の言語を話す人物がいなくなったスー族の未来は
      明るくない。


      ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

      麻雀の役って一杯ありますよね〜。(ё_ё)キャハ
      DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。。
      という事で、今回は対々和に焦点を当てたいと思います!"Ψ|`┏ω┓´|Ψ"ブヒャヒャ!!


      対々和とは、同じ牌3つを4組作って和了した際に成り立ちます麻雀の役の1つでしょう。

      麻雀の役のうち1・2位を争う覚えやすい役。通称トイトイ。対々。

      刻子(コウツ)(同じ牌3つ)を4つ作る役。雀頭も必要。

      鳴いても鳴かなくてもニハン。

      そのため、実質鳴き前提の二ハン役。

      門前(メンゼン)での成立は自摸り四暗刻(すーあんこー)。ロンなら、三暗刻(さんあんこ)が必ず付加する実質四ハン役。


      4刻子(こうつ)(3枚組)+雀頭という簡易な構成ですから、
      初心者・初級者が意識しやすい役でしょう。

      が、見た目とは裏腹に待ち牌が少なくなる(最大でも4枚しかない)分
      和了りづらく、かつ鳴きが前提になります分、防御力の低下が
      発生するなど危険が大きい役でもある。


      刻子(こうつ)の一歩手前、対子(2枚組)ばかりを集めれば七対子(ちーといつ)ですから、
      どちらを選ぶかは状況を見て判断しよう。

      狙う時は役牌や混一色(ほんいつ)などと複合するように構成すると
      高打点を期待できる。

      また、ドラがあれば一気にマンガン以上まで加速できますから、
      ある程度の手の変化は視野に入れつつ狙うと良いだろう。


      当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
      しっかり覚えておいて下さいね!!
      基本ですので・・・

      DORA麻雀の解説を見てみましょう
      ↓↓


      ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

      対々和(出現割合:3.92%)
      順子が無ければ良い単純な役。
      しかし意外にその出現頻度を少なく、それでいて喰い下がりが無い対々和は鳴き麻雀を展開する人にとっては必ず視野に入れて打つ役である。「帯ヤオ九」以外にも「混一色」、さらに「三色同刻」も視野に入れるケースもあるだろう。ドラの副露の場合はハネ満まで伸びるケースも珍しくないので鳴きながらゲーム自体を終わらせる破壊力を持つ場合もある。

      ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

      ・・・とこんな感じの説明です。エートォ (・o・) エートォ


      この辺りで!
      けど今日は顔が痛いなあ
      おやすみ〜( ゚o゚ )オ(゚▽゚)ヤ( ゚・゚ )ス(゚━゚)/~ミー

      麻雀列伝




      おすすめ記事




      | - | 06:59 | comments(0) | - | - | ↑PAGE TOP
      スポンサーサイト
      0
        | - | 06:59 | - | - | - | ↑PAGE TOP
        コメント
        コメントする